ログイン |  新規登録
メインメニュー
不正パートナー情報の共同利用

[ リロード ]   [ ソース ]  [ トップ | 一覧 | 単語検索 | 最新 | バックアップ | ヘルプ ]

Counter: 65705, today: 2, yesterday: 17

日本アフィリエイト・サービス協会 設立の目的

ブロードバンドの急速な普及がもたらしたインターネットユーザの増加により、2004年度のeコマース市場は5兆6400億円を超え、アフィリエイトはオンライン上の重要な広告、販売チャンネルとして多くの企業に認知されるようになりました。また、アフィリエイト関連書籍の出版ラッシュや各種メディア報道、そしてブログの爆発的な普及は、アフィリエイト・ネットワークへの参加者の底辺拡大をもたらしました。今後も成果報酬を基盤とするアフィリエイト・ネットワークの規模は拡大の一途をたどることが予測されます。このように躍進的な市場が拡大する一方で、健全なアフィリエイト・プログラムの提供や、明確な指標設定など、事業者としての取り組みが早急に求められています。

そこでアフィリエイト・マーケティング業界の啓発活動と健全なる発展を促進するために、アフィリエイト・サービス提供者間でオープンかつフェアな情報交換と情報の発信を行い、消費者、アフィリエイト・パートナー、広告主の満足度向上に寄与することを目的として日本アフィリエイト・サービス協会を設立するに至りました。

協会は、上記の目的を達成するため以下のような事業活動を行ってまいります。

  1. アフィリエイト・プログラムの理解、普及促進と啓発活動
  2. アフィリエイト・サービスの品質を維持し消費者、アフィリエイト・パートナー、広告主を保護するための不正行為の監視および情報の交換
  3. アフィリエイト・サービス提供者が順守すべきアフィリエイト事業のガイドラインの作成
  4. アフィリエイト・パートナー、広告主のためのアフィリエイト・サービスのガイドラインの作成
  5. アフィリエイト市場に関する調査・統計とその公表
  6. アフィリエイト関連法規の研究ならびに啓発活動
  7. 主務官公庁の行うアフィリエイト関連施策に対する協力
  8. アフィリエイト関連団体との情報交換及び各種行事の共催
  9. 前各号に付帯する関連事業

協会では、アフィリエイト・マーケティング市場の健全な発展を促進するために尽力していく所存です。

2006年5月16日